【講演者インタビュー】 2月23日 NECプラットフォームズ 原田様

2018ものづくり総合大会にてご講演いただく、NECプラットフォームズ 生産本部 甲府生産統括部 生産統括部長 原田 久嗣さまに、日本能率協会の小高がお話をお伺いしました。
(以下敬称略)

「生産の改革」と「デリバリーの改革」を同時に行いました。

小高
本日はよろしくお願いいたします。

原田
お願いいたします。

小高
玄関に、「工場見学」の来場者用の下足箱があり、かなり靴が入っていたのですが、
ご見学される方は多いのですか?

原田
本日は15名くらいお見えになっていると思います。
特に、昨年(2017年)に「GOOD FACTORY賞」を受賞してからは、
見学者も増えたように思います。
我々としては、生産現場を見ていただくことで、お客様に安心していただければと思っています。

小高
「GOOD FACTORY賞」を受賞された、また、今回の「ものづくり総合大会」にて
ご講演いただく、「マスカスタマイゼーション」とはどのようなものなのでしょうか?

原田
端的に申しあげますと、ハードだけでなく、システムインテグレートの部分までセッティングし、
お客様は、「納品されたものに電源を入れるだけでよい」状態にすることです。
さらに、今回の取組は、それを短納期で行う改善でした。

小高
短納期、とはどれくらいでしょうか。

原田
御注文をいただいてから最短4日間でお客様の手元に届きます。
もちろん、納品場所などの様々な条件が整った場合ですが。
営業担当者がお客様と使用を打ち合わせ、生産現場に情報を送ると、
すぐに納期がはじき出せます。

小高
デリバリーまでを含めるのであれば、生産ラインの見直しだけでは実現しませんね。

原田
そうです。
その為に、「生産の改革」と「デリバリーの改革」を行いました。
お客様のご要望に、いかにして応えるか、それも製造現場だけでなく、
営業と物流も、もちろん、開発も、すべてが協力して実現しています。

小高
簡単に「協力して」とおっしゃいましたが、
営業と製造現場は、あまり関係が良くない事例が散見されます。
こちらではどうだったのでしょうか。

原田
関係が悪かったとは言いませんが、やはりお互いを理解しきれていなかったと思います。
営業担当者も、案件を纏めてくる中で、どうしても発注が集中する場合があります。
工場側も、すべてに対応できれば良いのですが、人的な制約もあります。
繁閑が生じない生産体制にするにはどうしたらよいのか、
その為に営業担当者に工場を見学してもらいました。


セッションはこちら

~続く~


参加申込はこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2018ものづくり総合大会

TOP