【講演者インタビュー】2月23日 アシックス 西脇様

2018ものづくり総合大会にてご講演いただく、アシックス スポーツ工学研究所 取締役執行役員・所長 西脇剛史さんに、日本能率協会の小高がお話をお伺いしました。
(以下敬称略)

「評価方法」の妥当性を外部で検証しています。

小高
本日はよろしくお願いいたします。


西脇
よろしくお願いいたします。
当初、お話をいただいた際に、「アカデミック・マーケティング」という内容で申し入れが来たので、
「弊社ではこれを行っているのか」と思いました。
弊社では「リアル・スポーツマーケティング」と表現しており、モノの良さを設計に反映しています。
その意味では、確かに「アカデミック・マーケティング」である思います。

小高
どのようなことを話そうと思いっていますか?


西脇
たとえば、シューズを例にとると、クッション性や安定性などは定量的な数値で表されます。
一方、「履き心地」などは、定量的でなく定性的な表現です。
この意味では、ヒューマンセントリックなものづくりをしていると思います。
研究所内で、素材の設計からプロトタイプの作成、試験まで行っています。

小高
素材から、というのはすごいですね。
良くあるのが、協力会社にレシピを公開して、素材は外部発注、というところが多いと思うのですが。


西脇
そうですね。
ただ、開発の時間などを考えると、内部で行ったほうが早いと思います。
また、かなりの段階まで新製品(素材)のレシピを守ることも可能です。
2015年に新しい研究棟が出来て、かなりのデータが取れるようになりました。

小高
先ほども、定量的と定性的の双方の評価があるとご指摘されていましたが、
その評価はどのように行っているのでしょうか?


西脇
弊社では、評価方法について外部の学会で発表し、妥当性を顕彰してもらっています。
製品がどれだけ改良されたとしても、外部で検証しないことには、
あくまで「自社の評価」になってしまい、お客様に安心して提供できません。
プロダクトドリブンの会社としては、自社の評価だけで「30%改善した」とは言えません。

小高
いわゆる「当社比」ですね。


西脇
そうです。
ところで、外部の評価といえは、かつてクリーブランドの学会で弊社の論文が「ベストペーパー賞」を受賞しました。
その時のスポンサーが、弊社と競合関係にある企業で、「いいのかな?」とも思いました。
また、スポーツ関係の学会以外にも、コンピュータのシミュレーション系の学会でも発表をしています。

小高
その研究成果は、どちらかに公開しているのですか?


西脇
ホームページで公開しているので、ぜひともご覧ください。


西脇様のご講演セッションはこちら

~次回に続く~


参加申込はこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2018ものづくり総合大会

TOP