クオリティセッションコーディネータインタビューその3|
組織間の非分断、その効果とは?

2016ものづくり総合大会の調達セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの松田将寿さんにお話を伺いました。(以下敬称略)

組織間の非分断、その効果とは?

松田将寿さん

松田
本日の「クオリティを武器にする」というテーマの中では、共通項が2つあります。

その1つが非分断です。

これは東レの発表に出ていましたが、「組織間の連携がスムーズに動くように非分断で物事を進める」となっていました。

ニトリのところでは、品質に関する考え方も非分断でした。
製造者責任と販売者責任では品質に対する定義が異なりますが、お客様はその2つを合わせて品質を理解しています。

これは外向きの話ではありましたが、非分断がやはりキーワードになっていたと思います。
まずは2社に共通するのが「非分断」です。

非常に歴史がある企業の3社全体に共通するのは、創業の理念やその理念を受け継いだ経営者が正しく理念を適用してきたことが品質を守り、品質を武器にするうえでの大きなポイントになったということです。

特にニトリは流通業にあえて製造業の価値観を持ち込んでいます。
今までの価値観に慣れ親しんでいた人たちには、常識破壊、パラダイムシフトが起きたと思います。
そこを乗り切れたのは、機動力を発揮した方もいたでしょうが、やはり経営者の力が大きかったのではないでしょうか。

東レは「超継続」といって、何十年も花が咲くか咲かないか分からない研究を続けています。

これはちょっと他の企業ではできないことですよね。10年程度のスパンではなく、20年、30年とかけているのです。
そこは本当にすごいと思いました。

あれだけ時間をかけるからこそ、並ぶもののない製品を送り出すことができるのでしょう。

なぜなら、30年もかけて開発したものを他社がパッと見ただけで同じような製品を作ることは絶対にできませんからね。

東レの場合は非分断により、製品を作るに当たり、研究、開発、エンジニアリング、生産など全てがいっしょになって、問題をつぶして革新することができていました。

〜3/4 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP