富士ゼロックスインタビューその3|
ものづくり総合大会で気になる事例とは?

2017ものづくり総合大会企画委員 富士ゼロックス 生産本部 プロフェッショナルアドバイザー部の清水目勉さんにお話を伺いました。日本能率協会の平井希実がインタビューします。(以下敬称略)

ものづくり総合大会で気になる事例とは?

img_8020

平井
お仕事をされていて、課題に感じられていることや、気になるトピックなどはございますか。御社以外の、業界全体のことでも結構です。

清水目
そうですね。

表現の仕方が少し難しく、誤解を生じるかもですが、今はIoTやインダストリー4.0といった言葉だけが少し先行していると思います。

お客様や交流のある製造業の方々とお話をしていると、なんかIoTをやらなきゃならないとか、工場をもっと進化させるといった時にインダストリー4.0みたいな話も出てくるのですが、自社でもそうなのですけれども、やはり何の為にIoTをやるのかとか、何故これをやるのかというところが、整理しきれていないケースがあると感じます。

前のインタビューでお話したかもしれませんが、Whatというか、何をというところに対する洞察というのでしょうか、それは自社も少し弱いかなと思う部分もありますし、全般的に世の中が、どうしてもそっちの言葉に引きずられてしまっているのかなあなんていうふうにも思います。
とは言え、ものづくりの現場においてもITを上手に活用しないなんていう選択肢はないと思っています。

平井
これまでに全部で3回あった企画委員会の中でも、IoTやインダストリー4.0というのは、よく出てきたトピックでした。
清水目様は今回のものづくり総合大会でどのようなテーマの講演を聞いてみたいですか?

清水目
今回の企画委員会の中では、一つは、IoTの話でも、そこを自社なりに解釈をして取り組まれている会社さんの事例があるのだったら、そういうのも聞いてみたいなというのがあったのと、もうひとつはロボットですね。人間と共同するような自立型といいますか、ものづくりの未来を、よりイメージできる事例をお聞きしたいと思って候補を挙げさせていただきました。

あとは、ものづくりとビジネスというか、市場といいますか、新しいものをつくろうと思えば、当然新しい技術の開発をしなきゃならないし、新しいもののつくり方とか、品質管理の仕方とか、いろいろあるでしょうから、そういったことに取り組まれている事例なんかはですね、聞きたいなと思いながらも、企画委員会では好きなことを言っていましたけれども。

〜3/11 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP