富士ゼロックスインタビューその2|
ものづくりの変化とは?

2017ものづくり総合大会企画委員 富士ゼロックス 生産本部 プロフェッショナルアドバイザー部の清水目勉さんにお話を伺いました。日本能率協会の平井希実がインタビューします。(以下敬称略)

ものづくりの変化とは?

img_8012

平井
ありがとうございます。
先日、とある企業のオフィス見学に行ってきたのですが、その際にもやはり、「ものを作って、売る」というビジネスから、ソリューションビジネスに転換していきたいというようなことをおっしゃっていました。

今、日本能率協会は芝公園の協会ビルを建て替え中で、オフィスや研修室のレイアウトも一新する予定でして。ベンチマークとなるオフィスを見学しようという場だったのですけれども、自社のオフィスを良くして、こうしたいいオフィスをつくること、その際のソリューションをお客さんに提供することで、また新しいビジネスを生みたいというようなことをおっしゃっていて、やはりものづくりも、そうやって日々刻々と変化しているのだなということを、私もその時に思いました。
今の清水目様のお話を伺っていますと、ものをつくるということから、コトをつくるというのでしょうかね。

清水目
仰る通りですね。当社ではモノ+コトと表現しています。

平井
今回、ものづくり総合大会でもセッションを「ものづくりからことづくり」というセッションを組ませていただいたのですけれども、そういうことがすごく大事になっているのだなと感じました。

清水目
そういう意味では、ものづくりからコトづくり、でも、コトづくりで終わるのかといったら、実はまたコトをつくると、その「コト」をベースにした「もの」というのが出来てきたりすると私は思っています。

「もの」から「コト」、「コト」からまた「もの」というのが、たぶんこれは永遠にあるのかな、なんていうことを思いますよね。

平井
以前の部署にいらした時とでは、お仕事の内容も大きく変わられましたか?

清水目
仕事の内容に大きな変化はないですが、営業の皆さんに認知され、いくつかの良い事例もできてきたことより、慌しくなったというのが正直なところです(笑)

〜2/11 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP