ものづくり 日本の心

これからの日本のものづくりを見据えるために、過去の出来事やその成り立ちに関する情報を提供するコラム。
発想を変えたい時やちょっとした仕事の合間にご覧ください。

「日本のものづくりは、世界の財産である」(77)|第七章 日本人の創造性と独創性 〜未だ創造的能力を誇る能はず〜

図版原稿-7-3
伊藤博文は、日の丸演説の前年の1871年にニューヨークに滞在し、法律の調査をしていますが、すでにその時には、1856年に発行されたペリーによる合衆国議会版『日本遠征記』(原題『アメリカ艦隊の支那海域及び日本への遠征記』)が発刊されていました。

当時のアメリカは、日本を鎖国から開いたのは自分たちだという意識もあって、日本への注目が高かった時です。「日本遠征記」に記載されている内容について政府の関係者たちと議論をする機会もあったのではないかと思います。
その日本遠征記にはこんな一節があります。

「すべてのアメリカ人は、木造の家屋を建築する際に日本の大工達が示した熱棟した枝術、即ち整理の巧さ、接合の滑な仕上げ、床張りの整然さ、窓框、移動式戸板及び幕のきちんとしたはめ方と滑りよさを歎賞した。家屋や公共建築物全体の設計は、構造の細部の仕上げよりも甚だ劣ってゐた。前者は画一的で、叉多分昔の型に従ってゐるのでもあり、叉疑もなく、政府から定められた規格内に創造力が制限せられてゐることを示すものであったが、細部の仕上げは経験が進むに従って獲られた完全さを示してゐた。」(「日本遠征記」(4)岩波文庫)

「全体の設計は、構造の細部の仕上げよりも甚だ劣ってゐた」
と書かれています。これは言い換えれば、全体を捉える力がない、デザインする力がないということでしょう。
現代でも、日本のものづくりについて、「大きな絵は描けないが、細部を加工させると見事に仕上げる」といったことが言われていますが、ペリーはすでにこの点も見通していたということになります。

そして、設計が劣っているのは、「疑もなく、政府から定められた規格内に創造力が制限せられてゐることを示すものであった」と書いています。つまり、国民の自由な発想を制限するような施策を幕府がとっていたと言うのです。

このことは、大型船の建造禁止令などからも理解できます。
1635年に出された大型船の建造禁止令では、大きさは五百石船(75積載トン)までが許可されていました。

その理屈は、海外貿易を禁止している日本には(とはいえ、支那貿易は海外貿易として扱われず許可されていた)、国内の廻船に使用する程度の大きさの船があればよいので、五百石船で充分、大型の帆船は必要がない、ということでした。
しかし、これでは小さすぎるということで、3年後には改正されて、商船については千石(150トン)までが許されるようになり、千石船とよばれる弁財船がつくられて北前船などに活用されました。

しかし、大型船の建造禁止令が施行されることになった本当の理由は、大量の兵士や資材を一挙に搬送できる軍船を建造されて幕府転覆に利用されては困る、というもっぱら為政者側の「御身大切」という論理で出された禁令で、歴史的な流れや環境の変化、国家としてのあるべき姿といったことを無視した、まったく内向きの発想です。

もちろん、ある時期には、体制を固めることが最優先されて、そうした施策を取ることも必要でしょう。しかし、長期にわたって、こうした内向きの論理で大きな枠をはめて庶民の行動を制限し続ければ、当然、技術はそこで止まり、その国が歴史の流れから取り残されるようになっていくのは自然の成り行きと言えます。

梶文彦 写真

梶文彦氏執筆による、コラム「ものづくり 日本の心」です。
梶氏は、長い期間にわたりものづくり企業の国内外でのコンサルティングに携わり、日本製造業を応援しています。
講演依頼も随時受け付けています。 ご依頼はこちらから »


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2017ものづくり総合大会

TOP